ゼネコン・建設コンサルタント向けに

オンラインセミナーでPRする

サービスについて

このサービスは土木管理総合試験所(以下DK)の顧客層に向けて、貴社の商品・サービスの特徴をウェビナーでPRするサービスです。土木・建築・設計コンサルなど数万人の幅広い顧客層を持つDKならではのサービスですので、NETIS登録商品、技術カタログ商品など、貴社保有技術の認知拡大お役立てください。

サービスの特徴

1.ウェビナーで約1時間じっくり説明を聴いて頂けます。

DKがホスト役(主催)となりますので、もしもの配信トラブルなどの対応はご安心ください。

2.現場担当者に直接資料を受け取っていただく事ができます。

ご希望される参加者様に、セミナー資料やカタログをお届けできます。

3.普段得られないアンケート結果が今後の販売戦略に繋がります。

アンケートから現場の声、ニーズを掴む機会となりますので、ぜひご活用ください。

セミナー開催までの流れ

DKオンラインセミナーを活用して認知を広めたい開発会社様、メーカー様からのご応募をお待ちしております。お申込みフォームより会社情報・サービス概要をご記入ください。

1.お申し込み

サイト内にございます申込フォームより会社概要や特徴など入力をお願いします。

2.セミナーのお打合わせ

課題とソリューションの特徴をセミナーでPRできるようお打合わせ。

3.お申込・お問合せフォーム設置

参加者様の受付はもちろん、セミナー後のお問合せができるよう受付ます。

4.一斉メール配信

DKのお客様に向けてセミナー開催のお知らせを配信します。

5.セミナー開催

DKの集客力をぜひPRにご活用ください。​

ご利用体験談

株式会社アイ・エス・ピー
東京都台東区上野
代表取締役社長 波場 貴士様

業務内容
土木・測量向け3次元情報処理ソフトウェアの開発企業

「アンケートによって課題が浮き彫りに」

セミナーを行った理由は?

国土交通省発注の全ての設計・工事でCIMモデルを原則活用する目標時期まで残り2年を切ってまいりました。CIMの導入により3次元モデルの活用が必要となり、いまだ見たことも触ったこともない会社が多く、土木業界全体の課題であると考えております。まずは、予行練習と考えて3次元とはいかなるものなのか、CIMとは何なのかについて少しでも見て触れて感じて頂ければと思い、今回DKオンラインセミナーに参加させて頂きました。

オンラインセミナーをやってみた感想は?

弊社はもともと測量設計会社やコンサルタント会社のユーザーが多く、今回ゼネコンの方や現場担当の方が多く受講されていたことに、関心の高さを感じております。今まで3次元そのものが現場環境に馴染みが薄く、難しさであったり、ソフトやハードの面で準備が出来ていなかったりとCIMへの対応の遅れがあることもまた事実と捉えております。今後、各社がどのように取り組み始めるかで、将来の企業格差は増々広がることが懸念される中で、今回のセミナーが何らかの形でお役にたてれば幸いと考えております。

DKオンラインセミナーに期待することは?

「答えは現場にある」。お客様の生の声をより多く拾ってあげることが重要であると考えております。お客様がリアルタイムに困っていることや、知りたい情報などを速やかに提供してあげる場こそがDKオンラインセミナーの存在価値であると思います。我々としても3次元ソフト開発メーカーとしての立場から、最新情報や実際の活用事例、または現場の省力化に向けたコンテンツなど、皆様のお役に立てる情報をこれからもご紹介していきたいと考えております。

過去のセミナー開催実績

よくあるご質問

Q.申込フォームを共有していただく事はできますか?

A.はい、zoomリンクをお送りしますので、貴社ホームページ掲載にお使いください。どちらからお申込みあった参加者様なのかは共有いたします。

Q.費用はどれくらいの予算でしょうか

A.DKオンラインセミナーは「1回○○○円」と金額設定しておりません。詳しくは新規事業部までお気軽にご相談ください。

Q.セミナーの動画は視聴できますか?

A.アーカイブの環境が整い次第閲覧できるよう進めています。

お問合せは新規事業部まで

アップロードしています。少々お待ちください。