catch-img

【非破壊】ブロック塀等調査

ブロック塀等の調査について

ブロック塀の調査として、一般的には以下の項目を行います。
詳しくは国土交通省HP「ブロック塀等の安全点検について」などをご参照ください。

項  目
調査方法
高さ・厚さ・控え壁
外観調査
傾き、ひび割れ
外観調査
基礎の丈、根入れ深さ
掘削調査
鉄筋の径・ピッチ
鉄筋探査機による確認
鉄筋末端のかぎ掛け
鉄筋はつり出し調査


調査における注意点

①基礎の掘削調査について
地表面がアスファルト舗装されている場所では掘削、埋め戻しの他に、アスファルトのカッター入れ、剥がし取り、調査後の復旧、解体材の廃棄処理といった費用が別途発生します。

②鉄筋のかぎ掛け調査について
鉄筋末端のかぎ掛けの有無を調査する方法は、基本的に鉄筋のはつり出し調査となります。
X線撮影による方法もありますが、はつり調査に比べて費用は高くなりがちです。
また、非破壊調査であるため調査結果には少なからず曖昧さが生じます。
例えば、下記の画像のように鉄筋末端にフックが確認されても、横筋にかぎ掛けされているのか、横筋と重なっているだけなのか、明確に判定できないことがあります。
ただし、はつり調査の場合には騒音や粉塵が発生するのに対して、X線調査の場合には発生しません。
また、はつり調査の場合には調査後にモルタルで埋め戻しますので復旧跡が残りますが、X線撮影の場合は調査の跡は残りません。

これらを加味して調査方法を選定する必要があります。