お役立ち資料

業務内容や、目的によって確認したいお役立ち資料を、無料でダウンロードできます

空洞探査/埋設物探査

地中レーダ搭載車両による空洞調査

多素子の超広帯域アンテナ3次元レーダ搭載車両による時速80㎞の高速測定をご紹介します。

橋梁床版内部劣化調査

交通規制を伴うことなく、床版内部の劣化状況を把握でき、高速計測が可能なRoad Scan Vehicle(RSV)をご紹介します。

RSVを活用した路面性状・路面下空洞調査

Road Scan Vehicle(RSV)は1台の車両に路面性状計測システムと路面下探査システムを搭載。地表・地中のオールインワン測定が可能です。

軌道下空洞探査システム

鉄道の安全・安定輸送のために、軌道自転車連結走行型3Dレーダ探査システムで、地中を可視化。特徴や、概要をご紹介します。

MMSDを用いたトンネル点検業務のご紹介

MMSD(三菱インフラモニタリングシステム)は、走行型3次元計測・解析サービスを提供します。トンネル変状解析事例をご紹介します。

シールド推進工事に伴う空洞調査

道路陥没の対策として、地中レーダによる空洞調査が求められています。事例とともに、探査方法をご紹介します。

トンネル点検・調査・工事

当社では、トンネル点検調査から、各種現場調査や室内試験、補強・充填工事を行っています。
調査手法をご案内します。

地中レーダによるトンネル覆工背面調査

覆工表面にセンサを向けて、電波を放射し空洞や耐水等の境界面で電波が反射する性質を利用して覆工内部を調査する技術をご紹介します。

地中レーダ探査

地中レーダ探査により、埋設管・空洞・配筋状況・地盤の緩み等、地下内部の状態を把握します。

サービスについてのお問合せはこちら
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
土木・建築工事の品質向上に繋がる
サービス資料がこちら
お電話でのお問合せはこちら
平日 8:20-17:40(担当:松山、遠藤、光本)