貼る重防食シート メタモルシート#1
(NETIS登録:SK-210003-A)

こんなお悩みありませんか?

  • 複数現場を回るため重防食塗装に代わるものを検討したい
  • 橋梁等鋼構造物の塗膜採取後の塗装復旧工程の負担を減らしたい

メタモルシート#1の製品カタログはこちら

メタモルシート#1のお問合せはこちら

そんなお悩みを解決します!!

貼る重防食シート メタモルシート#1(NETIS登録:SK-210003-A)とは?

粘着部分に亜鉛末を配合した粘着シートを塗装復旧部に貼ることで、重防食塗装と同等の防食性を付与することが可能な材料です。

全国的にポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及び、PCB廃棄物の処理期限が迫り全国的で塗膜調査が急がれています。
今後は橋梁をはじめとする鋼構造物の塗膜調査から補修工事までの期間が空くことが想定され、限られた時間の中で多くの工程・時間を必要としていた重防食塗装から簡素化、省人化、省力化、工程・工期短縮が期待できます。

NETIS登録製品のため、是非、技術提案にもご活用ください。
 

貼る重防食シート メタモルシート#1の特徴は?
✓ 重防食塗装の性能を1枚で満足 
 錆を落として貼るだけですぐに上塗りが可能
 上塗りがしやすいシート適用
✓ 犠牲防食作用の働きで鋼材を保護
 自己修復機能によって元に戻る

主な使用用途
①塗膜調査時の塗装復旧
②キャッチクランプ跡の復旧
③配管溶接部の復旧

塗膜調査にともなう復旧時のメタモルシート#1貼りつけの様子

メタモルシート#1貼りつけ後の全景

メタモルシート#1貼り付け状況

製品仕様
■ メタモルシート#1
荷姿 A4サイズ(210mm×300mm)
色相 ライトグレー
NETIS登録番号 SK-210003-A

 

■ 粘着力

測定時期

測定結果(N/25mm) 試験条件
初期(23℃、3日後) 55 粘着力測定試験 JIS-Z-0237:2009
耐複合サイクル防食性(20日間) 55 CCT試験(複合サイクル試験)JIS-K-5600-7-9
粘着力測定試験 JIS-Z-0237:2009
耐水性(10日間) 42 耐水性試験 測定方法規格 JIS-K-5600-6-1
粘着力測定試験 JIS-Z-0237:2009
耐湿潤冷熱繰返し性(10サイクル)

55

耐湿潤冷熱サイクル試験 測定方法規格 JIS-K-5600-7-4
粘着力測定試験 JIS-Z-0237:2009
耐熱性(150℃ 30分間)

62

耐熱性試験 測定方法規格 JIS-K-5551:2018
粘着力測定試験 JIS-Z-0237:2009

※上記結果は測定値であり、保証値ではありません

参考積算価格
メタモルシートを使用した時の参考積算価格の比較です。
◎見積条件
ケース1:90橋を調査、1日当り3橋づつ調査し、復旧まで従来どおり4工程に分けるパターンと比較
ケース2:90橋を調査、条件①に加え高所作業車を使用した場合の比較
活用事例

メタモルシート#1の製品カタログはこちら

メタモルシート#1のお問合せはこちら