catch-img

【ブログ】水のおはなし~この水はきれい?~

ここに、ビンに入った3本の水があります。色が違いますが、多くの方は色が薄いほどきれい、という印象を持たれるのではないでしょうか。

色だけで考えると、左側のビンの水はミルクティーにも見えます。右側はスポーツドリンク?とすると、もはやきれいかどうか、は見た目ではわかりません。


水がきれいかどうか、それは、その水がどんな水か、また、どんな水質かで判断が変わります。例えば、川の水なのか、水道の水なのか、プールの水なのか、などなど・・・

以上のように、水がきれいかどうか(汚染があるかないか)を判断するためには様々な水質の指標があります。法律に基づく基準値もありますし、その他、用途に合わせて目安となる基準値も設定されています。

さて、ここで水の基準値について考えてみたいと思います。水質の基準は法律や用途によって異なりますが、例えば、あるサンプルの分析結果と、「環境基準」、「排水基準」について、一部の項目の値を並べてみます。

なお、ここからは「きれい」という表現が誤解を招くかもしれませんので、「満足する水質」という表現にしたいと思います。

分析項目
環境基準
排水基準(許容限度)
サンプルの分析結果
カドミウム
0.003mg/l以下
0.03 mg/l
0.01 mg/l
0.01 mg/l以下
0.1  mg/l
0.001mg/l
フッ素
0.8 mg/l以下
8    mg/l
0.08 mg/l
ホウ素
1    mg/l以下
10    mg/l
0.01 mg/l


このサンプルの場合、鉛、フッ素、ホウ素は環境基準、排水基準のいずれにも適合しています。一方、カドミウムは排水基準には適合していますが、環境基準には不適合です。
したがって、カドミウムに着目すると、この水が排水であった場合(排水基準適用)は問題ない水質ですが、河川水であった場合(環境基準適用)は問題がある、つまり、排水としては満足する水質、と言えますが、河川水としては満足しない水質ということになります。

今度は、あるサンプルの分析結果と「河川水の環境基準」について、一部の項目の値を並べてみます。「河川水の環境基準」は一般的に上流に行くほど厳しい基準となります。

分析項目
AA類型の基準
A類型の基準
サンプルの分析結果
BOD
1 mg/l以下
2 mg/l以下
1.5mg/l
大腸菌群数
50MPN/100ml以下
1,000MPN/100ml以下
100MPN/100ml


サンプルが②の場所で採取されていれば基準に満足する水質、①の場所で採取されていれば満足しない水質と判定されます。

このように水にはさまざまな判断基準が存在しています。
次回(不定期発行)はそれぞれの基準値について整理したいと思います。


山下 賢治
山下 賢治

部署:環境部 役職:部長

土木・建築業界の試験や調査でお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
会社パンフレットは
こちらから