catch-img

空港土木施設点検評価技士

更新日:2021/08/27

資格概要

 滑走路や誘導路、エプロン等の空港土木施設については、高度経済成長期以降に整備された既存ストックに関して今後の経年劣化が懸念されています。空港土木施設の適切な維持管理を行うためには、施設に関する法令や基準等を熟知するとともに、点検・診断、修繕等に関する高度な知識、技術を有する技術者を育成し、将来にわたり確保することが求められております。
 空港では、空港及び航空機運航の安全性を確保するため、特有の施設が設置されるとともに、制限区域、制限表面、航空管制等の種々の運用ルールが設定されています。空港土木施設の点検・評価等の実施にあたっては、航空機の特性の把握はもとより、このような運用ルール等の空港に特有の専門的知識についても理解することが必要です。
 本資格認定制度は、空港土木施設の点検・評価に優れた技術者を審査の上、空港土木施設点検評価技士として資格認定するものであり、空港土木施設の適切な維持管理に貢献するとともに、空港土木施設の点検・評価に係わる人材の育成と確保及び技術の伝承に寄与することを目的とするものです。

引用:一般財団法人 港湾空港総合技術センター 空港土木施設点検評価技士認定制度について(URL:http://sikaku.scopenet.or.jp/inspector/about.html)

受験資格

以下のA及びBの2条件を満たす者とします。

受験要件A
以下のいずれかの資格を有する者

イ 1級土木施工管理技士又は2級土木施工管理技士

ロ 1級建設機械施工技士又は2級建設機械施工技士

ハ 技術士(建設部門、総合技術監理部門(建設))

二 測量士

ホ 土木学会が認定する1級以上の技術者

ヘ RCCM(港湾及び空港部門又は道路部門)

ト 1級舗装施工管理技術者又は2級舗装施工管理技術者

受験要件B
「空港土木施設の点検・評価」に関して通算3ヶ月以上の「実務経験」を有する者

試験日程

令和3年9月4日(土)

申込受付期間

令和3年6月1日(火)~6月30日(水)

合格発表

令和3年12月7日(火)

受験手数料

13,750円(消費税込み)

試験詳細ページ

資格の詳細は、下記リンクをご確認ください
​​​​​​​一般財団法人 港湾空港総合技術センター 空港土木施設点検評価技士認定制度