catch-img

技術士補

更新日:2021/08/19

資格概要

技術士補とは、「技術士となるのに必要な技能を修習するため、技術士補の名称を用いて、技術士の業務について技術士を補助する者」です。
技術士第一次試験の合格者及び指定された教育課程の修了者(修習技術者と呼称される。)が国家登録を行うと、技術士補となることができます。
技術士第一次試験は技術士になるための第1段階の試験と位置付けられています。
試験の内容は、大学のエンジニアリング課程(工学、農学、理学等)程度です。また、年齢・学歴・国籍・業務経歴等による制限はありませんので、多くの技術者・学生が技術士を目指すことを期待されています。

技術士試験は、技術士第一次試験、技術士第二次試験に分けて、文部科学省令で定める技術部門ごとに実施されます。

機械部門

船舶・海洋部門

航空・宇宙部門

電気電子部門

化学部門

繊維部門

金属部門

資源工学部門

建設部門

上下水道部門

衛生工学部門

農業部門

森林部門

水産部門

経営工学部門

情報工学部門

応用理学部門

生物工学部門

環境部門

原子力・放射線部門

総合技術監理部門(第二次試験のみ実施、第一次試験は当分の間実施されません。)


​​​​​​​引用:公益社団法人 日本技術士会 試験・登録情報 技術士試験 受験のすすめ(令和3年6月)(URL:https://www.engineer.or.jp/c_topics/001/attached/attach_1680_3.pdf)
技術士になるには(URL:https://www.engineer.or.jp/contents/become_engineer.html)

受験資格

なし

試験日程

令和3年11月28日(日)

申込受付期間

令和3年6月17日(木)~6月30日(水)

合格発表

令和4年2月下旬

受験手数料

11,000円(非課税)

試験詳細ページ

資格の詳細は、下記リンクをご確認ください
公益社団法人 日本技術士会