【土質試験(室内)】粒度試験

土の構造を評価し材料としての適性判断・施工法を決定

粒度試験とは

土の粒度試験は、土の物理的性質を調べるために行われる一連の試験の中で、重要な役割を果たします。土の粒度試験は、土中の砂、粘土、シルトなどの異なる粒子サイズの比率を測定することによって、土の風化・堆積の状況や構造、透水性、保水性などの物理的性質を評価することができます。
建築基準法に基づく建築物の耐震設計においても、土質分類が重要な役割を果たしています。耐震性能の確保のために、地震動に対する土壌の特性を考慮して、地盤改良や耐震基礎の設計が行われます。

  • 工学的分類の指標を与える
  • 土の締固め特性や透水性及び液状化強度の力学的性質の推定
  • 建設材料としての適性の判定
  • 掘削工・基礎工等の施工法の決定

1.試験概要

ふるい分け試験
沈降分析試験

試験の概要

日本産業規格JIS A 1204 を用いて、土の粒子サイズの比率を測定します。

試験の対象は、粒径が75mm未満の土を対象とします。
ふるい分析では、粒径0.075mmまでの粗粒分を対象としますが、0.075mm以下の細粒分(シルト・粘土)の粒径加積曲線を求める為には沈降分析が必要となります。

粒径が75mm以上ある場合は「石分を含む粒度試験(JGS 0132 )」となります。


特性による試験結果の違い

①細粒度が多い土 
②粒径が狭い範囲に集中している(分級された)締固め特性の悪い土
③粒径が広い範囲にわたって分布する(粒径幅の広い)締固め特性の良い土


地盤材料の粒径区分と呼び名


工学的分類体系

地盤材料の観察・粒度組成・液性限界・塑性限界等に基づいて以下のような地盤材料の工学的分類体系図を求めることが出来ます。

① 粗粒土の工学的分類体系

出典:地盤材料試験の方法と解説,地盤工学会 をもとに作成

② 細粒土の工学的分類体系

出典:地盤材料試験の方法と解説,地盤工学会 をもとに作成


「粒度試験」は
オンラインでもオーダーできます

簡単な登録で、24時間見積可能!
土質試験・分析をインターネットから注文できるDKオンライン試験所もご利用ください。

 ▽ クリックして詳細をみる ▽


2.自動試料分取装置のご紹介

自動試料分取装置という「人に代わって土質試験の前処理をするロボット」を開発し導入しています。

3.関連試験

液性限界・塑性限界試験
土が液体の状態に移る時の含水比( 液性限界(WL)) 及び、土が塑性状態から半固体状に移るときの含水比( 塑性限界(Wp)) を求める試験です。


サービスについてのお問合せはこちら
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
土木・建築工事の品質向上に繋がる
サービス資料がこちら
お電話でのお問合せはこちら
平日 8:20-17:40